身体を温める入浴法と

身体を温める入浴法とは?

身体を温めるためにはどのような入浴法をすればいいのでしょうか。勿論肩までつかり長時間湯船にないっていれば身体は温まります。

しかし、人はそんなにも長時間身体を湯船に浸からしておくことはできません。そこで有効な方法が2つあります。半身浴と足湯です。

@ 半身浴


体を温めるための入浴法としはとっておきの方法である半身浴。色々とポイントがあります。半身浴のための最適な状態を実践すれば半身浴のの効果も倍増します。

(@) お湯はどうすればいいの?


お湯の温度や量の程度はどれくらいが半身浴に最適なのでしょうか。体温より少し高めの38度〜40度がおすすめの温度です。大体この温度は体が冷えずかつのぼせない程度の適温です。自分の体と相談しながら、この適温の範囲内で調節してください。お湯の量はおへそよりも上で心臓よりも下あたりが目安です。その他には、入浴剤などをいれてリラックスさせることも効果的です。

(A) 半身浴はどれくらい?そしてどのように?


半身浴をする時間の目安はどれくらいなのでしょうか。具体的な目安の時間は20〜30分程度です。この時間は体に負担をかけない程度の時間だと言えます。次に入浴中の姿勢はどのような姿勢がいいのでしょうか。ポイントは頭をまっすぐにしておくことです。その結果血流が良くなり全身に暖かい血液が流れ、全身を温めます。

A 足湯


足湯はちょっとした時間の合間などに冷えを抑えたい時などにとても効果的な方法です。身体の先を温めることは、全身に暖かい血液を流す出発点になります。足湯は半身浴の時よりも少し温度は高めに、42〜45度程度のお湯を15分程度が目安です。足湯以外にも手湯などもいいでしょう。何か作業をしながら、そしてリラックスしている時など足湯や手湯は体を温めるためにもってこいの方法です。

体を温めるためには、半身浴や足湯などで、かつ最適な方法で実践することがとても大切です。寒い冬、そして冷え性などに悩んでる方は是非ためしてみてください。