生姜が冷え性に効く理由

生姜が冷え性に効く理由とは?

日本人にその中でも時に女性に非常に多いといわれている冷え性。2人に1人は冷え性と呼ばれているほど現代病といわれています。これは、冷房などの設備や食べ物や環境などがとても影響していると考えられています。この冷え性は、さまざまな方法で改善させることができます。サプリメントや食生活、運動など色々と方法があるのですがそのなかでも生姜は昔から冷え性にはとても効果的な食材だといわれています。

それではどうして生姜は冷え性によく効くのでしょうか?それは、生姜に含まれている成分と大きく関係してきます。

生姜には「ジンゲロール」と呼ばれる成分が含まれています。このジンゲロールの大きな特徴は2つあります。

末梢血管を拡張させるという点と、アドレナリン分泌を活発化させて発汗作用や強心作用を引き起こすという点です。

末梢血管を拡張した結果、血液は体の細部にまで流れます。血液は元々熱をもち体を温める役割をもっているために、体の細部まで温まるということになります。

もう一つの特徴アドレナリンを分泌するというものは気をつけるべき点があります。アドレナリンを分泌して発汗させるまでの過程では確かに体を温める効果があります。しかし、一度発汗するとその後は急激に体温を下げてしまいます。つまり、生姜はそのままの状態だと逆に冷え性を重くしてしまう可能性もあるのです。

ではどうしたらいいのか。生姜の調理法が大切になってくるのです。生姜で本当に冷え性改善をしようと思えば、生姜を加熱する必要があります。生姜を温めるとジンゲロールはショウガオールという成分に変わります。ショウガオールは血液の循環などを良くするので非常に冷え性を改善する効果が期待できるのです。

このように生姜は過熱という調理法と組み合わせることで、冷え性の改善に有効的な食材になります。生姜を調理するのは面倒くさいと思っている人は、生姜の成分が含まれているサプリメントもたくさんでています。