冷え性と運動について

冷え性の人は運動をすべきか?

冷え性になる大きな原因の一つに運動不足があります。逆に言うと運動は冷え性にとって効果的な方法なのです。その理由は3つあります。

@ 血行が良くなり新陳代謝が高まる。
A 発汗することで皮膚の機能が高まる。
B 筋肉が刺激されると自律神経の働きがよくなる。

このような理由で運動は冷え性の人には効果的なのです。

運動と聞くと走ったり激しい運動を連想するかもしれません。しかし、冷え性のための運動はそこまで激しい運動をする必要はないのです。大切なことは毎日続けられることです。

@ ストレッチ


次に紹介するウォーキングが最適な方法なのですが、面倒で毎日できないと思う人にとっておきなのがストレッチです。ストレッチでもいくつかあります。  

足の関節と指のストレッチ


冷え性を改善するために必要なことは末端の体の運動です。というのも末端を運動させ血行をよくすると、その効果が全身に及ぶからです。そういう意味で足の関節を伸ばしたり、指を動かしたりすることは冷え性のための最適なストレッチの仕方だと言えます。

かかとのストレッチ


このストレッチが大切なのは、ふくらはぎの筋肉を鍛えることができるからです。ふくらはぎの筋肉は血液を心臓に送る大切な働きをしています。そのために、毎日ストレッチをすることでふくらはぎの筋肉を鍛えその結果血流が安定し冷え性の改善につながるのです。

朝起きた時のストレッチ


朝起きた時は体温が下がっており、冷え性の人にもつらい時間帯です。さらに体も硬くなっています。この起きた時に体にの体温をあげ柔らかくさせるためのストレッチは冷え性のひとの症状を改善させます。

A ウォーキング


ウォーキングを冷え性を改善させるためには非常に効果的な方法です。というのもウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動は亜kらだの血行をよくします。ちょっとした買い物の途中など、意識して普段よりも少し早めに歩くと血の巡りが良くなり、冷え性を改善させるでしょう。